エクステリア

効率的な草刈りの仕方|素人でも安全に扱える刈払機

メニュー

刈払機を購入して草を刈る

庭の手入れ

広い土地を所有している場合は、雑草が生えないように草刈りを定期的に行なうことが大事です。ですが広い土地を手作業で、伸びきった雑草を刈るのは時間も手間もかかるでしょう。効率的に作業をするために刈払機を購入すると良いでしょう。オススメなのは、エンジンで動くタイプの刈払機です。ホームセンターやネット通販でも購入できますし、レギュラーガソリンを使用することができるのがメリットです。草刈りの素人でも少し練習すれば使いこなすことが可能です。男性だけでなく、女性でも操作することができるほどの重量になっているので、長時間使用しても負担は少ないでしょう。

刈払機を使い草刈りをするときは、地面に落ちている石やゴミに注意しましょう。気が付かずに刈払機の刃があたってしまうこともあるからです。とても危険ですから、安全に作業をするためにも二段階草刈りをしてください。最初は地面から15cm~20cmの一で草を刈ります。そうすることで、地面に何か落ちていても目視で発見することができます。大きな石や金属が落ちている場合は、草を刈る前に別の場所にどかしてから作業をしましょう。その後、雑草の5cm~10cmくらいの位置に刈払機の刃を入れると、安全で効率良く草刈りができるでしょう。最後に刈払機は両手でしっかりと持てるタイプを選んでください。女性でも操作が簡単にできますし、しっかり持つことで安定してコントロールすることができるからです。刈払機を購入して効率的に雑草を刈りましょう。

雨の後に行なう

道具

草刈りを手作業で行なうのは大変なことです。そのため、楽に行なうためのコツを紹介します。土が硬い状態では雑草を引き抜くことが難しくなりますが、雨が降った後は土が柔らかくなるため引き抜くことも楽になるでしょう。

この記事を読む

重機と再利用

森

重機を使うと木を根っこから引きぬくことができます。業者によっては重機の使用量が無料の業者もあります。それに、伐採した木を建築材料や紙に再利用している業者もいます。再利用するために処分費用が安くなります。

この記事を読む

10,000件以上の実績

自然

自宅に倒れかかっている木や、大きく成長しすぎた木がある場合は、千葉県の伐採業者に連絡しましょう。これまで10,000件以上の実績があるので、依頼すると、プロの実績とノウハウで綺麗に伐採してくれるでしょう。

この記事を読む